2012年春:店主一覧

第14回一箱古本市に出品する店主さんをご紹介します。

4月28日(土)開催スポットは10ヵ所、39箱。

花歩 (2箱) 谷中3-21-8

■書肆たんこ部
美術同人誌「四月と十月」のバックナンバー、自主制作本の販売と似顔絵描き

■ユタカタ  http://twitter.com/ytakta
今回も、姉妹で参加しますユタカタです。今回は、本に一つ一つの言葉をつけて販売します。詳細は、Twitterにて!!宜しくお願いします。

古書ほうろう (8箱) 千駄木3-25-5 http://www.yanesen.net/horo/

■イシマ屋 http://blog.livedoor.jp/ishiyamayoshihiro/
音楽関連の中古書籍等を多く販売したいと考えています。できたら自作のZINEなども販売できたらと思います。絵を描く仕事もしているので、目を引く展示方法にしたいと思っています。

■古書ますく堂 https://twitter.com/#!/namakemask
テーマは決めれないとおもうので イチオシのリトルプレスなどを中心にしようと思います

■七星文庫 http://www.nanahoshibunko.com/
今回は何も考えず、その時あったものを持って出ようと思ってます。内田百けんとか荒木経惟とかそんな感じ。また直前になって何か思いつかないとも限らないけど。

■活動家養成箱 https://twitter.com/#!/asahirorama
東京で会社員をする傍ら、京都で泊まれる展示できる古民家シェアスペースを管理し、新潟で米を作り、大磯でみかんを作り、時にチャリティードッヂボールを催し、時にモンブラン山中を駆け巡る二人です。これまで自分を形成してきた「こんな本読んでたら、私たち活動家になりました」な本達を一箱に詰め込んでいきます。

■駄々猫舎 http://dadaneko-chat.seesaa.net/
今年の「Yonde!? 駄々猫舎の100冊」テーマは、「ごっぱさん、見てやって!」>今をときめく「痕跡本」特集。五っ葉文庫さんの著書出版に便乗したわけではなく、一年前からFさんに見て欲しい一心で準備してきました。線引き、書込み、蔵書印、挟まれモノ等に加え、そういった痕跡には興味がない方にも寄っていただきたいので、10年間集めてきた著者サイン本(私の中では痕跡本の一種)も出品します。「購入者プレゼント」もあり。詳しくは直前のブログにて!

■活版屋 http://www.facebook.com/pages/内外文字印刷-艸林舎/181838155193740
当社(内外文字印刷)で印刷した活版本や過去に活版で印刷された演劇書、文芸書を中心にいろいろと

■蜻蛉行 http://pub.ne.jp/terrarium/
専門書寄りの歴史の本を中心にいろいろ出します。

■初音ブック
人文・社会科学書を中心に文庫、新書、コミック、実用書を出品する予定です。書評紙も配布する予定。

古書信天翁(あほうどり)+ 深圳 + 松野屋 (5箱)西日暮里3-14-13 http://www.books-albatross.org/

■さじこや http://flat.kahoku.co.jp/u/junko/
興味のベクトルあっちこっち、うろうろ、きょろきょろ。雑多な本棚からあれもこれもスプーン大さじ一杯ずつ、箱に詰め込んで、おじゃまします。勝手に装丁を変えたりもします。おまけにまんがを押し配りしたりもします。

■屋根裏の散歩会 http://www.asahi-net.or.jp/~jb7y-mrst/index.htm
海外・国内ともジャンルを問わず広い範囲のミステリについて語り合う、年齢わりに高めの愛好会で、月1回のオフ会兼読書会を都内で行なっています。読むだけでなく買うのも大好きで、本棚からあふれ出て床にうず高く積み上げられた本の山に埋もれて暮らすメンバー達がお奨め本を放出。最新作から古典に時代小説までの多岐に渡る小説の数々を取り揃えて、あなたのお出でをお待ちしています。

■よみます書房 https://twitter.com/#!/YasuyukiA
今までの読書生活の中で出会った面白い海外本をすすめます。ご来店の方にニヤリ!とするもの用意します。

■古本四谷書房 http://d.hatena.ne.jp/yotsuya-shobo/
“四谷書房おススメの100冊(単行本50冊と文庫50冊)を厳選し出品します。ジャンルは文芸。価格は単行本500円 文庫200円を中心に。当日の品揃えをお楽しみに。”

■goodtime music https://twitter.com/#!/goodtimemusic
グラム単位の量り売りを行おうと思います。基本は文庫。荷物と財布の具合を見つつ、これは重い、これは軽い、なんて購入して頂ければ楽しいのではないかと思います。

貸はらっぱ音地+香隣舍 (6箱) 谷中7-17-6 http://ondi.exblog.jp/

■レポ http://www.repo-zine.com/
良心的価格の古本と、北尾が発行人をつとめる「季刊レポ」創刊号~最新7号を販売します。参加記念に、「季刊レポ」2冊まで各千円、3冊目以降は500円(4冊なら計3千円ね)のサービス価格。執筆者のえのきどいちろうも売り子をやるかもです!

■ちゃま屋
児童書や文芸書。新品同様です。

■ひまりとかずとき
小説・評論・エッセイを中心に楽しい本をそろえます。

■やっぱり本を読む人々 http://booksns.sns-park.com/ SNS
「やっぱり本を読む人々。」からの出店です。webという特性を生かして、全国にいる参加者の方々から本の提供を募りました。多種多様な本たちが集まる「一箱」で参加いたします。

■ししゃも書店
寺山修司や澁澤龍彦を中心に持って行きます。僅かですが、哲学書や一般書店で入手困難な掘り出し物も販売します。サブカル好きな方、ぜひご覧下さい!

■朝霞書林 http://twitter.com/asakashorin
菜の花と金盞花をば瓶に挿し炬燵にをりて春を待ちゐる:浅見淵。今年ほど春の到来を待ち望んだ年もなかったと思います。朝霞書林では、ポっと気持ちが暖かくなる素敵な本・珍しい本・カワイイ本・シブい本などを取り揃えて、皆様の御来箱をお待ちしております。

アートスペース・ゲント (4箱) 谷中5-7-7

■ネムタ荘
漫画本ばかりを持って行きます。初参加です。売れても、売れなくても、まったりとよい思い出にできればうれしいです。

■ペンギン書店 https://twitter.com/#!/shiosenbe
小難しい物は置かない主義。本もコケシも雑貨もCDもレコードも、緩くアバウトに並べる予定です。いつも一緒に歩くペンギン・銀の輔は留守番ですけど、豆本というにはやや大き過ぎる自作プチ写真集も、新作を加えて販売します。

■谷根千おしょくじ http://yanesenoshokuji.com/
谷根千にあるさまざまな飲食店の店主さんオススメ本を集めました! 小冊子〈やねせんおしょくじ〉も販売します。

■榊翆簾堂(さかきすいれんどう) http://suirenndou.exblog.jp/
ねこと食べ物とお散歩を盛り合わせ、隠し味に文学を少々。5月27日に京都・長岡天神で開催予定の、”天神さんで一箱古本市”を企画している夫婦が販売します。

Cafe Earlybird (2箱) 文京区千駄木 2-8-3

■本と本の雑貨 BookLove http://honnozakka.exblog.jp/
“本と本にまつわる雑貨を扱うBOOKLOVE。今年も世界を旅して集めた本の雑貨&本を揃えて参加いたします!毎年ご好評いただく作家キーホルダー、新作入荷予定です!”

■おかだ屋
初めてのことで勝手がわかりませんが、できるだけ色々な本を入れたいと思います。どれもそれなりに思い入れのある本です。とりあえず古本屋の番台?に座る夢をちょっとだけ叶えられれば幸せです。

往来堂書店 (3箱) 千駄木2-47-11 http://www.ohraido.com/

■だいこん洞
ねりま界隈を日々徘徊しているにぎやかな面々で本を持ち寄ります。値引きクイズあり。ねりまの風景ポストカード、ねりま缶バッジなども鋭意製作中。

■神崎屋紫堂
猫関連の本がメインとなります。一部、生活実用書、文芸書も混在させる予定です。

■嫌記箱
自分で読んだ良い本を出します。ブックカバーも多種あります。

喜多の園 (2箱)千駄木2-48-8 http://www.kitanoen.jp/

■ぴっぽ島綺譚 http://pippo-t.jp/
気さくな、詩歌の入口♪近代詩のノッキンヘブンズドアから、文学・古典・哲学・昆虫・妖怪・精霊等、地獄の三丁目まで、取り揃えます。お気軽にお越しを!

■読鉄本線(よみてつほんせん)
読んで楽しい、ためになる、役に立つ、乗りたくなる「鉄の本」を中心に出品したいと思います。

ギャラリーKINGYO (3箱)千駄木2-49-10 http://www.gallerykingyo.com/

■ゆず虎嘯 http://yuzukoshow.shop-pro.jp/
久々に見た押し入れの中から見つけたような本たち、ちょっと新しい雰囲気の本たちを引っ提げて出店いたします。一箱「スペース」も守りつつ?!

■旅猫書房 http://tabineko.seesaa.net/
雑司が谷にある小さなお店、旅猫雑貨店の古本部門です。旅の本、猫の本、手工芸の本、昭和の暮らしに関する本など。そして「こけし」も少々持参いたします。

■閑話房・Chop Suey Books https://twitter.com/#!/masami_kanda
文学(日本・仏・米)・哲学/思想・サブカル・美術関連の本を、単行本・文庫本・雑誌の割合を調整して販売します。その中でも、寺山修司や澁澤龍彦などアングラ文化に関する本は比較的多くなります。僕にとっての「本を売る」ということは、本にひそんだ小さくも大きくもなる多様な世界をひとつひとつお客様に提供できることだと思っています。一箱という限られた空間の中で、少しでも楽しんで帰っていただけるような本屋にしたいと思います。

COUZT CAFE (4箱)谷中2-1-11 http://couzt.com/

■林檎文庫 http://twitter.com/RingoBunko
引越しして押入れがなくなったら、家中に本があふれてしまい。。。大特価(?)で販売いたしますので、よろしくお願いいたします。

■古書 五っ葉文庫 http://ameblo.jp/itutubabunko/
漫画、サブカル、痕跡本…。愛知県は犬山市で不器用に吠える古本や、「古書 五っ葉文庫」です。

■Store Front 一箱支店 http://www.storefront-art.com
池之端のギャラリー+ブック・ショップ、ストアフロントの一箱支店です。一箱にちなんで選んだ、箱や袋にはいった造本のものを中心に、現代美術関係書や写真集を展示即売いたします。

■Mitte(ミッテ) http://mitte.lomo.jp/
“東欧、北欧、フランスの可愛らしい絵本や雑誌、ビジュアル本など、ヨーロッパ雑貨屋ならではの品揃えで展開したいと思います。”

5月3日(木・祝)開催スポットは11ヵ所、59箱。

古書信天翁(あほうどり)+深圳+松野屋 (6箱)西日暮里3-14-13 http://www.books-albatross.org/

■ビオラ書房 http://blog.livedoor.jp/violashobo/
読んだ本が溜まってきたので出店します。少女関連書籍を大放出するかも。あとはみてのお楽しみ。

■ななみやたかちん
学生時代から趣味は古本一筋。昨年の大震災による津波で実家は全壊。その津波からもしぶとく生き残った愛すべき古本。とくとご覧あれ

■おやじランナーの連帯
いろいろなジャンルの、新しい本が揃っています。話題の本も揃ってますので、気軽にお立ち寄りください。

■着物&和物こちどり http://blog.livedoor.jp/tamashigi/archives/cat_50024144.html
着物の本、鳥の本を中心に、オリジナル手ぬぐいや鳥のぬりえなど、ここ数年一箱に伺えなかった「ごめんなさい」の気持ちを込めて、皆さまに喜んで頂けそうなものをお持ちします。もちろん着物で伺います。着物目印に探してくださいね!皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

■MONGA堂
いい本を

■三月堂(さんがつどう)
今回は西日本寄り。地方文化、観光文化、各写真集、自治体による非売品書籍・パンフなど大型本が多いかと思います。日本各地からは、和紙の端売りやポストカードを集めました。

コシヅカハム (8箱) 千駄木3-43-11 http://koshiduka.jp/

■会社のようなもの「野宿野郎」 http://nojukuyaro.net/
人生をより低迷させるミニコミ誌『野宿野郎』の名に恥じぬよう、最も「ダメなかんじ」の箱を目指したいです。

■切貼豆子+海の土曜日 http://twitter.com/#!/kiribari_mameko
東京セドリーヌ(♀オンリー)やパタリ口(+♂)の屋号で参加させていただいてます切貼豆子ですが、今回は初参加の友人Kの応援団長を務めます!品揃えは、来てからのお楽しみで押忍!

■雲雀洞(ひばりどう)
初参加の雲雀洞です。「ガロ系」と言われる、基本的にデカくて重たい漫画単行本をちょっと頑張って持っていきます。お値段の方もちょっと頑張ります。体力とスペースと気持ちに余裕があれば、漫画評論本も持っていく予定です。「ガロ」「夜行」「アックス」などお好きな方は是非ご来店ください。

■河馬書房 http://d.hatena.ne.jp/araq/
初めて参加します。国内ミステリとサブカルを中心に、私が読んで面白かった本を友達にすすめるような感じで並べたいと思います。

■盛林堂 一箱支店 http://d.hatena.ne.jp/seirindou_syobou/
西荻窪から初参戦。一日だけの西荻窪・盛林堂書房の支店開店です。ゆっくり、のんびり、でも本はちょっとしっかりと。文学・ミステリー・文庫を中心にあれやこれやと販売予定です。お気軽にお立ち寄りください。

■絶対安全文庫
本好きふたりで参加します。全くタイプの違う本が並ぶと思いますが、大事な本をだしたいと思っています。ぜひお立ち寄りくださいませ。

■ANTIQUEスピカ http://yaplog.jp/komawari/category_3/
ANTIQUEスピカは中野区新井薬師で和洋の古雑貨がメインで販売しております。お店では意図的にWEB販売の昭和レトロな商品と一線を画した商品構成にしております。文具やエファメラな古紙物や古本棚を作り、主に和書の写真雑誌、ファッション、建築、デザイン、風俗の古本などを販売をしております。

■しんや万象 https://twitter.com/#!/bansho_kun
本を愛するばんしょ君が、あなたに素敵な本をお届けします。特製リーフレット「しんや万象」配布予定!

古書ほうろう(8箱)千駄木3-25-5 http://www.yanesen.net/horo/

■断篇会
主に海外文学を扱います。広くゆるく“本棚にあると嬉しい世界の文学”として括ってますが、文庫は紀行文・評論・落語・伝記、国も問わずに何でも詰め込んでます。ふらっとお立ち寄りください。

■ユウマリ堂
文芸中心になると思います。

■秘渡箱(ひとはこ) http://twtr.jp/user/kazumihisyazaki
初めて箱を出します。ずっと毎回買いに来ていて、一度は売る側に回ってみたいと思いました。大好きな本だけを売ります。それはまるで自分の秘密を手渡すようなもの。だから「秘渡箱(ひとはこ)」と名づけました。ジャンルの幅広さには自信があります。「これ全部が好きな本?どうかしてるよ」って言われたら……ほめ言葉です!! どうぞよろしくお願いします。

■古本T http://tmasasa.exblog.jp/
水族館劇場の博多公演を“勝手に”応援する一箱。

■映画古書 ユニモンド http://d.hatena.ne.jp/atelier-manuke/
二回目の参加です。本の収納スペースに限りのある映画研究の徒が、映画の良書を並べてお待ちしております。

■ドーナッツブックス http://doughnutbooks.cocolog-nifty.com/
散歩がてら喫茶店や古本屋めぐりをしたり、映画のチラシを集めたり、日々のんきに過ごしながら時々古本市に参加しています。海外の現代文学、ノンフィクション、古典から現代までの日本文学やエッセイ、旅や食べもの、映画、美術、音楽などが得意分野です。不忍は初参加。漲る闘志をうちに秘めつつ、のんびり楽しみたいと思います。

■いつも上天気
ミュージカル、大好き!好きすぎて集めすぎてしまった国内外公演パンフ、映画パンフ、関連本、原作本、チラシ、CD、DVD、LPなどを販売します。メジャーなものからマイナーすぎて意味不明なものまで。新しく、お好きな方の手にお渡しできますように。レミゼTシャツ着用でお待ちしています!

■えほんやハコのなか https://twitter.com/#!/85naka
おいしそう、ぎゅっとする、ぎゃっとなる、カフェに置きたい、心に刺さる、病院の待合室で読む、本棚に置きたい、一緒にいたい、なんとなくこんな絵本。そのときそのこころの中にある絵本に合わせて、絵本を見つけるお手伝いが出来たらいいなと思っています。今回の一箱古本市では、やっとこ春なので「ほっこり、ほろり、ほむほむ」をコンセプトに、そのときそのこころにすとんと合うといいなぁ、という絵本をセレクト予定です。

旧安田楠雄邸(5箱) 千駄木5-20-18  http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/page027.html

■yom yom古書部 http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/
新潮社の文芸誌「yom yom」編集部が出店します。まだ品揃えなど、全然考えていないのですが、実は毎年「えっ!!これ○○○円!?」と驚かれるくらいお買い得な本が多々あります。よろしくお願いいたします。

■orz文庫 https://twitter.com/#!/fukuhara_pu
毎度おなじみの中途半端な品揃えのorz文庫です。今回もラノベ、新書、漫画、アメコミ、小説のほかビデオ、DVD、ゲームなど用意致します。

■たてもの応援団 http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/
これまでは建築、美術関係が中心でしたが、今年は少しジャンルを広げる予定。売上金は、旧安田邸の傘立て、下足入れ、結界作成に一役買っています。古本探しがてら、旧安田邸の五月飾りもご覧ください。

■デラシネ通信社 http://homepage2.nifty.com/deracine/
デラシネ通信が発行してきた「アートタイムス」1−8号までを1日限りで特価販売します。ほとんど本屋さんでは入手不可能な「アートタイムス」を手にとってまずは見てくださいそして今日だけの割引価格でご購入ください。昨年好評だったロシア文学作品コーナーもまたやります。

■ソラシカ散歩 http://sorashika-sanpo.com/
ソラシカ散歩は、古道具とレトロ雑貨、古本を扱う移動式不定期営業のお店です。本に似合う雑貨・古道具・こけしやフォークトイ。そしてなつかしい暮らしに似合うような、佇まいの良い本が得意です。その他、旅行記や小説など、本好きのソラシカ目線でお持ちします。

千駄木の郷 (8箱) 千駄木5-19-2
http://info.ekaigo.biz/000toky23/030bunk/12111823.html

■たかだ商会
哲学書から漫画まで幅広いジャンルのものを取り扱い、低価格で販売します!値引き交渉歓迎します*

■LIBRE TONSURE http://d.hatena.ne.jp/sutendo/
素天堂と絹山絹子のお店。毎回沢山のお客様に寄っていただき感謝しています。今回も幻想文学/探偵小説/画集/海外文学等等、ちょっと変わったテイストの本を廉価で放出します。小栗虫太郎関連同人誌「黒死館逍遥」「DUKDUK」のBNも販売予定です。

■夏葉社書店 http://natsuhasha.com/
夏葉社の新刊と店主の古本が並びます。品ぞろえはあまりよくないですが、お買い得です。返本され再出荷できない弊社の書籍も安い(予定)です。お気軽にお立ち寄りください。

■三姉妹文庫 http://twtr.jp/user/eiento1nichi
はじめまして。漫画・雑誌・小説・CD・料理本・絵本などなど
ちょこちょこ出すつもりです。お手柔らかに。

■Azteca Books http://atform.exblog.jp
アート、デザイン、クラフト、絵本、写真などのビジュアル本を持っていきます。

■可否書房 http://blogs.yahoo.co.jp/yagen2007
自分の趣味の遍歴に関係するハウツー本を中心に。20代前半・・開場前から並び、フェンス際に陣取った競馬、20代後半~30代前半にはまったバス・フィッシング、30代後半・・癒しを求めてはじめた観葉植物そして盆栽。桜盆栽を卓上に置き、花見も楽しみました。その他、読み終えた文庫、新書、コミック等も持って行きます。はじめての参加です。よろしくお願い致します。

■文庫善哉 (ぶんこぜんざい)
今回の箱は“花と小父さん”。花にまつわる本と、魅力的な小父さんたちの本を、無理矢理一箱に詰め込もうかと思います。ちいさな箱に、まったく違うふたつの宇宙。どうなることやら。

■ドジブックス http://dojibooks.cart.fc2.com/
芸能、サブカルチャーを中心に扱ってます。お笑い関係、落語・演芸関係が多めです。どうぞよろしく。

明の窓/茶ノ間(3箱)谷中3-9-1
明の窓 http://ake.image.coocan.jp/ 茶ノ間 http://www.cha-no-ma.com/index.html

■Amulet http://d.hatena.ne.jp/lullruru/
本はわたしのお守りです。大切にしてきた本たちが、また誰かのお守りになってくれるように、こころを込めて手渡したいと思っています。

■人力旅人の本箱 http://blog.goo.ne.jp/watarureport/
2007年春から、箸にも棒にもかからぬ感じでこっそり出店し続けています。拙著『沖縄人力紀行』と登山関連本を中心に、徒歩や自転車など「人力」の移動手段にこだわる旅に関する古本と絵ハガキを取り揃えます。今回も、人間ならば誰しも持ち合わせているはずの“旅欲”を刺激する箱を目指します。

■ちのり文庫 http://www.chinoribunko.com/
こわいものは暮らしを楽しくする。そんなコンセプトで昨年から活動しています。古本店は、古書市や書店イベントで不定期開催。霊を学べる心霊本、おののける実話怪談本、土着信仰が光る民俗本を主軸に、こわいマンガ、こども向けのこわい本、秘境、SFなど、日常が(怖さで)新鮮になる名作を扱っています。「秋も一箱古本市2011」では南陀楼綾繁賞をいただきました。今回も厳選したイチオシをたっぷり出品します。

特別養護老人ホーム谷中 (7箱) 谷中2-17-20

■脳天松家 https://twitter.com/#!/noutenmatsu
本が無くても生きてはいける。昔も今も本は小さな愉しみ。本があるところには人は集まる。是非お立ち寄りくださいませ。

■悪い奴ほどよくW(ダブ)る https://twitter.com/#!/w_yatsuhodo_w
“W(ダブ)り買いの本を中心に出品”というコンセプトも、5年め且つ常設棚【古本ナイアガラ】を始めたりで、もう何が何だかわからなくなりつつある悪Wです。今回はTwitter上で知り会えた皆様にお会いするという楽しみも増えました。例によって文芸、随筆、映画芸能、DVD等の箱になる筈です(絶版文庫は豊富かと)。今年も素敵な出会いがありますよう。

■和光や
書籍はミステリー・歴史・雑誌とブックカバーなどの手作り小物も用意しています。一箱の中におしゃれな雑貨カフェをイメージしていおります。本や雑貨を手に取りホッとできる空間を一箱に詰めてお届けしたいです。

■JUNGLE BOOKS http://jbooks.exblog.jp/
テーマは「オ・カルト」。神秘学や、精神世界の直球モノやアヤシゲでちょっとずれたものを中心に出そうと思っています。

■mondobooks http://d.hatena.ne.jp/mondobooks/
こんにちは、mondobooksです。今年の春も女子なモンドをぎゅっと詰め込んだ本やその他諸々を出品します。女子は必見、男子ももちろん大歓迎。それではどうぞよろしくお願いいたします。

■とみきち屋 http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/
喜んでもらえる本をできるだけ多く届けたいー変わらぬ思いで今春も出店します。小説(国内外)、評論、思想・哲学、エッセイ、音楽(クラシック)等の絶版、品切れ、お薦め本がメイン。お馴染みの方のみならず、初めてお越しいただく方にも満足していただける品揃えでお待ちしております。出品本につきましては、事前にブログで紹介いたしますので、是非ご覧ください。

■どんどこ書房
スポーツに関する本を中心に販売する予定です。

往来堂書店 (3箱) 千駄木2-47-11 http://www.ohraido.com/

■potato books https://twitter.com/#!/potato_books
暮らしの本、エッセイ、海外絵本のほか、前回出店したときに好評だった、手づくりのブックマークもかわいくなって再登場♪

■めだか堂 https://twitter.com/#!/medakado
昨年に続き夫婦で2度目の出店となります。文庫本中心に,手軽な値段で気軽に楽しんでもらえる箱を目指しています。まずはお立ち寄りいただき,手にとってご覧下さい。

■トカゲ書林
これまでに買い集めた本の中から、一箱分出品します。まだ持って行く本は決めていませんが、ビジュアル本とビジュアル雑誌、20代のころに読んだ本などを持って行こうかと思っています。

喜多の園 (2箱)千駄木2-48-8 http://www.kitanoen.jp/

■やまがら文庫 http://d.hatena.ne.jp/heno3ban/
本のやまをカラになるまで売りたいやまがら文庫です。

■歴史と音楽堂
昨年に続けての出品です。良い本を、お得な値段で出品します。最近話題になった文芸書や趣味の本などなど……。

クラフト芳房 (2箱) 根津1-26-5-106

■たけうま書房 https://twitter.com/#!/takeumabooks
「天然の美」と題して、アール・ブリュットやアウトサイダー・ミュージックなど意図せず外れてしまったアーティストやその周辺を特集します。

■(仮)cacco kari  https://mobile.twitter.com/cacco_kari
主に芸術関係の本をあつかいます。まだ名前も店舗もない古本ユニットです。2012年3月までは、武蔵小金井シャトー2Fで芸術関係図書館を制作。現在は、出張古書店や、ネット古書店、自宅市や、文庫名刺や文庫DMの制作など。本の売り方の形と、本を媒介にした関わりの形を模索中です。こんかいは、芸術関係書籍をお弁当みたいにトランクに詰め合わせてお届けします。

根津教会 (7箱) 根津1-19-6 http://www15.ocn.ne.jp/~nzc/

■Booknet (ブックネット)
今は無き、都内某洋書店勤務の経歴を持つスタッフによるブックショップ。写真集、デザイン、アート関連洋書から和書まで、独自の視点でセレクトした書籍を販売。既存の古書店とは一味違った品揃えを目指しています。スタッフとのビジュアル本トークも楽しめるはず!?

■一箱本送り隊 http://honokuri.exblog.jp/
一箱本送り隊は自宅が、図書館が、書店が地震や津波で失われた被災地で、本を読めない生活を強いられているたくさんの人たち、子どもたちのために本を届けるためのプロジェクトです。被災地に本を送る送料などを捻出するために、一部善意の本を販売いたします。本好きが本好きのために集めた本だけあって、けっこうレアな本もありそう、です。

■せみのいえ サーガ
持ち運びに便利な、地球にやさしい「ポケットサイズ」のアートブック/アンティーク本を1日限定でお楽しみください。アート写真集、イラスト絵本、アンティーク洋書、ヴィンテージ刺繍・陶器・ガラス工芸本、デザインブック、カルトコミックなど、“アンチ・テキスト!=文字いらず本”宣言。是非お立ち寄りください。

■ミゥ・ブックス
「一箱の宇宙」と「古本屋さんごっこの楽しさ」に魅せられ、今年もエントリーいたしました。「普段着の本棚」といった棚感(箱感?)をつくりたいと思います。エッセイ、小説、評論などバラエティある箱をめざし、みなさんの「好きな本は何度でも買いたい!!」という欲求を少しでも刺激できたらと楽しみです。 まずは、お手にとってご覧ください!!!

■photogramme
自分たちの本棚からの一箱です。フランス文学とアメリカ文学(特にビート・ジェネレーション)を中心とする外国文学、映画、写真、ミステリなどを中心にいろいろと。掘出し物があるかもしれません。

■GEORGE BOOKS
大好きな本たちを皆さんにもお裾分けしたいと思います。漫画、雑誌、音楽本、エッセイなどの他にレコードも並べるかもしれません。

■つぐみ文庫 https://twitter.com/#!/b_tsugumi
“雑貨や散歩、ガーリーな本が中心のつぐみ文庫ですが、時々渋い本もありますのでぜひ遊びに来て下さい。よろしくお願いします。”